バイクラックの制作

うちでは自転車は屋内に保管しています(ママちゃり除く)。軒先保管では傷むし、盗難やいたずらの危険があるからです。私の狭い部屋には2台の自転車があります。今までは逆さまに立てて置いていました。でも、逆さにするときに衣服を汚したり、倒れたりであまりクールではありませんでした。 

そこで、バイクラックの購入を考えたのですが、売れ筋のミノウラのバイクタワーは1万円以上して、しかもいつもの通販の「サイクルベースあさひ」ではしばらく前から欠品になったままです。「それなら自分で作っちゃろう」となるのは当然のなりゆきです。

朝起きてから簡単な図面をひいて、ホームセンターに材料を買いに行き、その日の夕方8時くらいに完成したのがこれです。

バイクラックバイクラック

ぶらさがり健康器・・・ではありません。2台掛けのラックです。

材料は矢崎化工の「イレクター」を使いました。プラスティックでカバーされた鉄パイプで、コーナーをプラスティックの継ぎ手でつないで棚などを作るものです。パイプカッターで切断して、専用の接着剤で組み立てるようになっています。作業性はよくけっこう使える材料だと思います。自転車はラックから出ている2本の腕にフレームの前三角をひっかけて掛けます。フレーム形状にあわせて腕の位置は自由に動かせるようになっています。基部にはキャスターがついていて自転車を掛けたまま移動でき部屋の掃除にも邪魔になりません。

費用は7640円かかりました(けっこうかかるもんだなぁ)。

3台がけ

自転車が増えてきて・・・3台かけてみました。後で縦になっているロードはS字型のフックで前輪をひっかけてぶらくってるだけです。がんばればもう1台いけるかもしれません。

HOME MENU