ツーリングとハンドル

自転車のハンドルというのは、各人の好みがいろいろあるところなのですが、私はドロップハンドルがいちばん快適だと思います。

ドロップハンドルなら、うまくすると一日中走っていても、手や腕、肩の痛みとは無縁です。私はグローブは使いませんが、それでも十分です。

ママチャリから自転車に乗った私のような人には、ドロップハンドルのセッティングや握り方はわかりにくい面があるので、私の使い方をページにしてみました。

まず、ハンドルの高さはサドルより3、4センチ低い程度で、ステムは7〜10センチと短めにしています。あまり前傾を強くしないようにするためです。ハンドルの向きはバーの端の部分が地面と平行になるようにしています。一般的なセッティングです。

ハンドル

よく「楽なポジション」といわれる、ステムの近くを握るポジションですが、私はあまり使いません。ハンドルが不安定になるし、手首に不自然な力がかかるように思われるのです。

ハンドル

これが楽なポジションです。ブレーキレバーのブラケットよりも手前のバーのカーブしている部分に手のひらを乗せて、内側に押さえるように体重をかけます。指はブラケットに軽く添わせます。脇をしめ、肘を少し曲げてクッションにします。背筋は少し丸めるような感じです。

ハンドル

ブレーキをかけるときは、手の位置を移してレバーを握ります。しょっちゅうブレーキをかける歩道を走るときはこの位置を握ります。

ダンシングやシッティングで上半身の力も使うときはこの位置を握ってブラケット部分に力をかけるとやりやすいようです。

HOME MENU