生物濾過編 12.生物濾過がうまくいっているか、水質はどのように確かめたらよいですか?

かめやんこれは簡単や。飲んでみたらすぐわかる。「違いが分かる男」やからなぁ、わしは。
あねごあんたがわかってもしゃあないねん。飼い主がわからな意味ないねん。
かめやんほんだら飼い主が飲んでみたら。
あねごなんべんも言うてるやろ、飼い主をあんたと同レベルにするなって。まあ、亜硝酸試薬、硝酸塩試薬、アンモニア試薬、PH試験紙なんかを使えば確認できるんやけどな。
かめやんなんかややこしいなぁ。
あねごややこしいだけやなしに、けっこうお値段が高いねん。試験するのもめんどくさいしなあ。
かめやんなんか簡単な方法はないの?
あねご私らと一緒に住んでるエビは、ごっつい水質に敏感みたいやわ。ちょっと水が汚れるとあっちゅうまに死んでしまう。飼い主は水質のバロメーターに使ってるみたいやで。
かめやん炭鉱のカナリアみたいなもんやな。
あねごあのエビは「ミナミヌマエビ」ちゅうて、釣りえさとして売ってるのを買うこともできるし、水槽の中で勝手に繁殖するんやて。ほんで、コケを掃除したり、食べ残しを片付けたりしてくれる。
かめやんごっつうええやつやなぁ。
あねごどんどん殖えるから、私も安心して食べることができる。味もガマルスよりデリシャス。なんせ新鮮やからね。
かめやん結局最後は食べるほうにいくんやな。
あねごやっぱ、女の子やからね。