素浪人☆のPC遍歴

素浪人☆のパソコン遍歴



初代マシン:SHARP MZ-80B

私が中学生のとき(1980年ごろ)、マイコン(パソコンではない)ブームというのが起きた。 それまではマイコン(マイクロコンピュータ)は存在したのだが、8セグメントのLEDディスプレイにテンキーが付属したワンボードマイコン(死語)というものが主流で、半田ゴテ使いの電気工作マニアしか縁のないものだった。そこに、CRTにキャラクター表示可能で高級言語BASICでプログラミングが可能なマイコンが発売されたのがこの時期だ。NECのPC8001やSHARPのMZ-80K、富士通のFM8が大人気だった。アップルコンピュータは高嶺の花だったようなおぼえがある。 MZ-80Bはそんなマイコンブームの最中にSHARPが投入した8ビット機だった。キーボードとディスプレイ、そして当時は一般的な外部記憶装置であったカセットデッキが一体となった「オールインワン」設計、今にして思えば時代を先取りしていたOSをROMにもたない「クリーン設計」が特徴だった。何らかのプログラムを実行するには、起動した後何分かかけてカセットからプログラムを読み込み実行していた。雑誌に載っているゲームのダンプリストから16進数をそのまま打ち込んで徹夜仕事でプログラムを入力していたものだ。 このMZ-80Bは30万円近い値段の割にはちゃちな作りで、キーボードのカーソルキーがすぐに接触不良を起こしたり、長時間使用していると熱暴走したりした。そのうちパソコン界はPC9801のデビューで16ビット機の時代になり、またDOS-Vの台頭などでMZ-80Bはあっというまに「生きた化石」になってしまった。最終的には値段は忘れたが日本橋のショップに買い取りに出した。


MZ-80B主要スペック
CPUZ-80A(4MHz)
ROM4KB
RAM(メイン)64KB
RAM(ビデオ)2KB


2代目マシン:SHARP MN-7750

MZ-80Bを手放した後、しばらくパソコンは持たなかった。就職して職場でOA機を使っていたが、自宅ではワープロで文書を作成することが多いので当時はパソコンのワープロソフトよりも高機能だった書院をずっと使っていた。  そうするうち、パソコンの性能がだんだん上がってきて、ワープロ専用機の時代が終わろうとしていた。Windows95の普及でOSの統一化が進み、ワープロソフトも需要に応じてどんどんパワーアップした。また、インターネットが普及してきたのもこのころだ。  私も改めてパソコンの機能に関心がわいてきた。かつてのMZ-80Bでパソコンの進歩の速さに痛い目にあっていただけにノートパソコンのハイエンド機(1997年当時)ということで選んだのがこのパソコンだ。プリンターやデジカメもあわせて購入、全部で80万円くらいになった記憶がある。  この時期のパソコンはWindowsが載っているものの実行は極めて遅く、OSやアプリケーションの起動にはインスタントコーヒーを入れられるくらい時間がかかった。また、インターネットに接続しているといってもモデム経由のダイヤルアップなのでネットサーフィンもとてもまどろっこしいものだった。電話代も驚きの数万円台!になったこともある。  このパソコンもSHARP製らしく熱暴走がつきものだった。熱処理のまずさがHDDにも悪影響を 及ぼし、HDDも数カ月でこわれた。車1台買えるくらいの価格のわりにはあまりにおそまつな作りだった。購入した直後にwindows98が出てUSBが一般化したのにこのパソコンのUSB規格は打ち切りになってドライバーが存在しなくなるという苛酷な事態も発生した。大失敗な買い物だった。


MN-7750主要スペック
CPUMMX対応Pentium 150MHz
二次キャッシュ512KB
RAM(メイン)32MB(最大64MB)
HDD1.6GB


3代目マシン:COMPAQ Presario 3221JP

 Windows98が出て、Meが出て、XPが出て、CPUも1GHz、2GHz時代になっていった。それでも私は購入以来ほとんどまともに動いたことがない呪われたMN7750をずっと使っていた(高かったから。意地ですな)。そのうちに近くに住む義父がPCを購入することになりその手伝いをするようになった。私が壊れたPCで悪戦苦闘しているのを見かねた義父が買ってくれたのがこのプレサリオだ。  が、しかし、私にかけられた呪いはSHARPだけに限られたものではなかったようだ。このプレサリオもUSBの故障、HDDの故障とトラブル続きでCD?RWも書き込みできない欠陥をかかえていた。「もうメーカーのパソコンは絶対買わん。トラブル多発ではメーカー製の意味が全然ないではないか」という結論になった。最後にはハードオフに引き取られていった。


Presario 3211JP主要スペック
CPUPentium3 1GHz
二次キャッシュ256KB(CPU内蔵)
RAM(メイン)128MB(最大512MB)
HDD40GB


4代目マシン:ATX自作機

メーカー製に愛想をつかせた私は今度は自作することにした。ADSLの導入でドライバーやOSのアップデートを簡単にダウンロードできるようになったので自作もやりやすくなっただろうというのも動機のひとつだ。MN7750を何度もばらしたり組み立てたりオーバークロックしたりしたのも自作の自信につながった。  ところが呪いはそう簡単には解けなかった。安定性には実績のある枯れたマザーであったにもかかわらず、最初に組んだのは初期不良で電源が入らなかった。交換してもらったものはUSBに不具合があり、デジカメはメーカーからドライバーの修正があるまで1年間ぐらいつながらなかった。また、サウンドが途切れる(そのとき他の動作も一瞬停止する)という正体不明の不具合がありドライバー更新やBIOS更新、CPU変更にもかかわらず解消しなかった。他に類似のトラブルを聞かないところをみるとこのマザー固有の不良なのかもしれない。今このマザーは押入に入っている。セレロン2.4を載せてlinuxマシンとして復活。再び押入れに・・・。


4代目マシン:ATX自作機主要スペック
マザーボードASUS P4S533
CPUCeleron 1.7GHz→Pentium4 2.4BGHz→セレロン2.4GHz
二次キャッシュ128→512→128KB(CPU内蔵)
RAM(メイン)DDRPC3200 256MB
HDD40GB


5代目マシン:ATX自作機

 最初の自作機はいきなり不調。しかも最初はセレロン1.7というケチなCPUを積んでいたおかげ で発熱ばかりで性能はとても低いものになってしまった。そこでメジャーなチップセットで余っているSDRAMを使えるマシンを作った。Intelチップセットの安定性のありがたさを実感したのがこのマザーだ。これといった不具合なく現在はCPUをC3に換装されサーバーとして活躍中セレロン1.4を載せて家族用のPCに。電解コンデンサーがパンクしてゴミに出した。


5代目マシン:ATX自作機主要スペック
マザーボードGIGABYTE GA6OXTA
CPUCeleron 1.4GHz→C3 1.0AGHz(ネヘミア)
二次キャッシュ256→64(CPU内蔵)
RAM(メイン)PC100 512MB
HDD40GB


6代目マシン:ATX自作機

 せっかく高価なP4を載せたのに不具合が解消しない4代目マシン。これはもったいないと思っていたところにマザーボードのたたき売りがあり速攻入手して作ったのがこのマシン。チップセットがなにかと不評らしいが特に不具合なく現在高性能メインマシンとして活躍中。Linuxをインストールしてデスクトップ2号機として活躍中。2012年3月寿命ということで永眠。


6代目マシン:ATX自作機主要スペック
マザーボードMSI E7205 MasterF
CPUPentium4 2.4BGHz
二次キャッシュ512(CPU内蔵)
RAM(メイン)DDRPC2700 1.5GB
HDD80GB


7代目マシン:COMPAQ Presario7460(サザンクロスモデル)

 義父に余っていたセレロン1.7を使ってPCを1台作ってあげたときに古いのをもらいうけてきたもの。NTTの営業から格安で買ったらしいが値段相応の低スペックなもの。サザンクロスモデルということでロクなサポートが受けられない。でもK6-2 500は今でも立派に実用になる性能なのには感心する。現在息子のPCになっている。PCルーターになりましたカメラサーバーになりました。退役して廃棄処分。


7代目マシン:Presario7460主要スペック
CPUK6-2 500MHz
二次キャッシュなし
RAM(メイン)PC100 256MB
HDD40GB


8代目マシン:MicroATX自作機

 ホームページにライブカメラを置いたが、このライブカメラを実行するのはけっこう負荷が大きいので専用のPCを製作することにした。カメラ専用機なので安く作ることを第一にしたもの。たたき売りのマザーと余ったメモリ、C3の活用で低コスト。


8代目マシン:MicroATX自作機主要スペック
マザーボードAOPEN MX3S-T
CPUC3 1.0AGHz(ネヘミア)
二次キャッシュ64KB
RAM(メイン)PC100 512MB
HDD40GB


9代目マシン:MicroATX自作機(K6マシンのケース流用)

2004年の年明けからLinuxを導入した。最初はK6-500MHz,256MBのマシンに入れて使おうとした。Linuxは古いマシンでも十分というのが定評だからだ。ところが、現在のLinuxはWindowsとかわらないようなグラフィカルな操作環境をもっていて、そこにバックグラウンドで各種サーバーが動きだすと使用に耐えないぐらい動作が遅くなってしまう。そこでマシンを組むことにしたのだが、これ以上マシンが増えるのが目に見えるのはちょっと家庭内の諸事情に照らすと賢明ではないような気がする。
そこでK6マシンのケースを流用してひらきなおってケースを新調した。そこにS370マザーの安いのを入れた。CPUはC3にした。Linuxの安定感とC3の地味な印象はサーバー用途にはぴったり。現在WindowsXPを入れてライブカメラサーバーとプリントサーバーとして活躍中。2012年3月寿命なのかATAPIデバイスを認識しなくなり永眠。


9代目マシン:MicroATX自作機主要スペック
マザーボードELITE P6VEMD
CPUC3 1.0AGHz(ネヘミア)
二次キャッシュ64KB
RAM(メイン)DDRPC2100 512MB
HDD40GB


10代目マシン:IBM Think Pad R40e

いわずとしれたノートパソコン。仕事に使うのにこれにした。安くて丈夫ならアプリケーションが少なくても、少々大きくて重くてもかまわない、という割り切った選択。とてもつかいやすくて満足。

その後ほとんど使わなくなりもったいないのでじゃんぱらに買取にだした。


10代目マシン:IBM Think Pad R40e(ノートパソコン)主要スペック
マザーボードメーカー製
CPUモバイルセレロン2GHz
二次キャッシュ256KB
RAM(メイン)DDRPC2100 768MB
HDD60GB


11代目マシン:もらいもののデスクトップ

動かなくなって修理しないで新しいのを買った人から「捨てるんだったら頂戴」ともらってきたもの。CPU入れ替え、メモリ増設、グラフィックボードグレードアップなどを施して復活。現在Windowsメインマシンとして活躍中。


11代目マシンもらいもののデスクトップ主要スペック
マザーボードGIGABYTE GA-8IG1000MK
CPUPentium4 3.2AGHZ
二次キャッシュ512KB
RAM(メイン)DDRPC3200 1.5GB
HDD240GB


12代目マシン:もらいもののノート

中古で安く買ったものの使いこなせない人に「捨てるんだったら頂戴」と言ってもらってきたもの。 メモリー増設、HDD交換により復活。妻のパソコンとして活躍中。


12代目マシン:もらいもののノート主要スペック
マザーボードメーカー製
CPUセレロン2.4GHz
二次キャッシュ256KB
RAM(メイン)DDRPC2700 768MB
HDD80GB


13代目マシン:珍しくちゃんと買ったノート lenovo G560

珍しくちゃんとお金を出して新品を買ってきたもの


13代目マシン:珍しくちゃんと買ったノート lenovo G560主要スペック
マザーボードメーカー製
CPUcore i5 M430 2.26GHz
二次キャッシュ3MB
RAM(メイン)DDR3 8GB
HDD280GB


14代目マシン:重い腰を上げて作ったサーバー機

製作から相当な年月が経ち、C3ネヘミア1GHzのサーバー機の限界が見えてきていた。特にメモリを512MBまでしか拡張できないMX3SーTは動作がめちゃくちゃ遅くて話にならない。そこで、一応現代のサーバー機として省エネに重きを置いて製作したもの。


14代目マシン:重い腰を上げて作ったサーバー機
マザーボードINTEL D525MW
CPUATOM D525 1.8GHz
二次キャッシュ512KB
RAM(メイン)DDR3 4GB
HDD1TB


15代目マシン:HD対応デスクトップ2号機兼用サーバー機

名機E7205 MasterFも寿命には勝てず次のデスクトップ2号機を製作することにした。実際作ってみたらオンボードグラフィックのままでもHD動画をそれなりに再生できることに気づき、Windows 7をインストールして普段使いにすることにした。その際、これまでカメラサーバー機として活躍してきたC3搭載ELITE P6VEMDが故障、カメラサーバーとしても使われることになった。HDDの容量が大きいのでファイルサーバーとしても活用予定。


15代目マシン:HD対応デスクトップ2号機兼用サーバー機
マザーボードGIGABYTE E350N-USB3
CPUAMD E350 1.6GHz
二次キャッシュ512KB
RAM(メイン)DDR3 8GB
HDD2TB
続く・・・

HOME MENU